初めて作るスパイスカレー~簡単かつ美味しい!おすすめです。

 スパイスカレーデビュー。

先日、自宅でスパイスカレーを初めて作りました。

僕は、カレーが好きで、食べに行くことも多ければ、最近は、もっぱら無印レトルトカレーを購入してばかり(おすすめは、グリーンカレー!)。

 

一方で、スパイスカレーも自分で作りたいなぁとはずっと思っていたものの、

 

「何種類スパイスを揃えたらいいの。」

「ルーを使わず、カレーなんて作れるの。」

「興味はあるけど、難しそう。」

 

といったイメージがあり、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

 

先日、書店に立ち寄った際に、カレー特集のコーナーがあり、その際、目に留まったのが「3スパイス&3ステップで作る はじめてのスパイスカレー」。

著者は、水野仁輔さん。1999年以来、カレー専門の出張料理人として活動されていて、カレーやスパイスに関する著書は45冊を超えます。

そんな水野さんの本書では、作り方の工程が3つのステップで解説されており、かつスパイスもたった3種類で十分と書かれています。

その分かりやすさから、思い切って購入を決意しました。

 

 

これだけで充分3種のスパイス

3種類だけで、カレーできあがるの?とびっくりしましたが、

基本的なスパイスカレーを作るにあたり、必要なスパイスは、たったの3種類。

f:id:mazisonkun:20200819195545j:image

3種類というのは

ターメリック

→いわゆる「ウコン」です。土臭い独特の香りが特徴で、黄色のスパイス。写真右

 

・カイエンペッパー

→赤唐辛子の粉で、強い絡みのあるスパイス。写真中央。

 

コリアンダー

パクチーの種子を乾燥させたスパイスで、甘くさわやかな香りが特徴。写真左。

 

まずは、この3種類で作るのを基本として、徐々にスパイスを増やし、バリエーションを増やしていくのがおすすめです。

 

調理

用意する具材は、たったのこれだけ 

具材(3~4皿分)

玉ねぎ・・・1個

にんにく・・小さじ2

しょうが・・・小さじ2

カットトマト・・・200g

スパイス3種類・・・各小さじ1

塩・・・小さじ1

湯・・・400ml

鶏もも肉・・・600g

f:id:mazisonkun:20200819195658j:image

 

いざクッキングスタート!

 

1切る

具材をそれぞれカットしていきます。


f:id:mazisonkun:20200819195733j:image

f:id:mazisonkun:20200819195727j:image



2炒める

玉ねぎが、きっちりと色づくまで、辛抱強く炒めていきます。

ポイントは、玉ねぎの水分を飛ばすこと。

f:id:mazisonkun:20200819195743j:image

玉ねぎが色づいたら、水で溶いたにんにくとしょうがを加えます。

 

全体に、なじんだら、次はカットトマトを投入。

f:id:mazisonkun:20200819195755j:image

これまた、水分がきっちりと飛ぶまで炒めます。

f:id:mazisonkun:20200819195840j:image

木べらですくいあげて傾けても落ちないくらい、しっかりと水分が飛んでいればOK。

f:id:mazisonkun:20200819195857j:image

スパイスを順番に入れて、混ぜ合わせます。

最後に塩で味を整えます。

 

3煮る

湯を注ぎ、煮たてていきます。そして鶏肉を加えて、混ぜ合わせていきます。

f:id:mazisonkun:20200819195914j:image

ぐずぐずと表面がなる状態をキープして、20~30分程度煮込みます。

f:id:mazisonkun:20200819195935j:image

いよいよかなりカレーっぽくなってきて、よだれがしたたります。

とろっとした感じになれば完成です!

 

4完成

そして盛り付け。

f:id:mazisonkun:20200819200002j:image

玉ねぎの水分を飛ばす炒め作業で、全身の塩分を持ってかれました。なので大盛りです(笑)。

 

結果から言うと、、、むちゃ美味しい。ルウで作るカレーには無いスパイス独特の香りがフワッと鼻から抜けていきます。

そして、たったの3種のスパイスで、簡単にできるスパイスカレー最高です。

そして、まだまだ暑さが続くこの季節には、スパイスカレーで食欲が進み、ピッタリ。

 

最後に

今回は、3種類だけでしたが、今後はスパイスを増やしていき、本格的なスパイスカレーに挑戦していきます。

この料理本のメニューを制覇したいと思います!

そして最終的には、スパイスの量や中身を調整し、自分だけのオリジナルスパイスカレーが作れるようになるのが夢です。

 

 

「はじめてのスパイスカレー」は、難しそうなスパイスカレーの作り方を、切る・炒める・煮るという「3ステップ」で、調理工程を分解して解説してくれているので、ややこしい手順はありません。

また、調理工程の写真が、たくさん掲載されているため、自分が今どの工程にいるのかを確認できます。

さらに、基本のスパイス、調理の初めに投入するスパイス、仕上げのスパイスというそれぞれを投入するタイミングごとに、3つの章でレシピを分類してくれているので、基本的なスパイスカレーをベースにステップアップさせていくことができます。

 

スパイスカレーを作るのが初めての僕でさえ、失敗なく(まだまだ腕をあげたいですが)、調理できたのでとてもおすすめの一冊です。

 

これからスパイスカレー作り頑張ります!

最後まで読んでいただきありがとうございます。