そうだ、熊野古道を歩こう。〜1日目・熊野の絶景を味わう

熊野古道を1泊2日で歩いてきました。

初めての1人旅であり、初めての熊野古道

f:id:mazisonkun:20200831202338j:image

僕が歩いたのは、熊野古道の中でもメジャーな中辺路ルート。

2日間で、およそ38kmを歩く。

 

この2日間ですが、内容が濃く、ボリュームがあり過ぎました。笑

なので1日目と2日目に分けて書きたいと思います。

 

1日目は、滝尻王子から近露王子まで16kmの旅。

6〜7時間かかると聞いていたので、18:00頃到着できるよう、11:00に出発。

 

旅の始まりの地、滝尻

旅の始まりは、滝尻王子から。

f:id:mazisonkun:20200831202429j:image

いよいよ旅の始まりだと思うと、アドレナリンがでまくり。

 

f:id:mazisonkun:20200831202532j:image

滝尻王子すぐ近くの滝尻茶屋。

お目当てにしていた「白味噌ニンニクくっきー」はありませんでした。

夏季期間は、おいていないとのこと。

ただお店のお姉さんが、モデルコースを教えてくれたり、地図をくれたり、、、

ありがとございました!

 

気分を引き締め、スタートです。

f:id:mazisonkun:20200831202737j:image

いきなりの上り坂。

体力は有り余ってるので、問題無し。

 

続いて、胎内くぐり。

f:id:mazisonkun:20200831202826j:image

巨岩が重なり合う間に、わずかな隙間が。

女性がここを通ると、安産すると言われています。

僕もくぐりました。

f:id:mazisonkun:20200831202903j:image

「通れんのっ!?」って思えるほど狭い。

リュックだけ先に押し出し、身をひねりなんとか脱出。

 

f:id:mazisonkun:20200831203000j:image
f:id:mazisonkun:20200831203012j:image

f:id:mazisonkun:20200831203115j:image

背の高い木々の間を進んでいく。

木々を支える根の力強さ。

根が絡まり、一本の木を支えている。

 

 

f:id:mazisonkun:20200831203219j:image

それにしても暑い。

歩くたびに汗がしたたる。

用意した2リットルの水で、こまめに水分補給。

塩飴で塩分補給も。

 

天空の里・高原での休憩

f:id:mazisonkun:20200831203340j:image

順調に進み、最初の休憩ポイント「高原地区」に到着。

ここには、無料休憩所や自動販売機、トイレがある。

 

f:id:mazisonkun:20200831203431j:image
f:id:mazisonkun:20200831203422j:image

f:id:mazisonkun:20200831203437j:image

遠くに見える山並みと集落の風景は絶景で、疲れを癒してくれる。

雲が近い。

 

 

f:id:mazisonkun:20200831203546j:image
f:id:mazisonkun:20200831203535j:image
f:id:mazisonkun:20200831203527j:image

f:id:mazisonkun:20200831203607j:image

高原の人気のお宿「霧の郷たかはら」へ。

ここは、宿泊だけでなく、ランチ、カフェのみの利用も可能。

テラス席で、オレンジフロートを堪能。

火照った身体に、冷たいドリンクは染みる。

景色を堪能しながら、一息休憩。

 

 

孤独と激しい雨の4時間

再出発。里山の雰囲気を感じながら歩んで行きます。 

f:id:mazisonkun:20200831203652j:image

オーノー。

ここからはより孤独な時間が始まる。

気を引き締めます。

 

f:id:mazisonkun:20200831204005j:image
f:id:mazisonkun:20200831203946j:image
f:id:mazisonkun:20200831203953j:image
f:id:mazisonkun:20200831203935j:image

するとここで、ポツリポツリ。

雨が降ってくる。

まじか、天気予報じゃ晴れだったのに。

山の天気は変化しやすいとはこのことか。

 

しかも激しくなり、あたりは霧で覆われる。

なんか心細くなってくる。

後ろなんかもチラチラ振り返る。

 

f:id:mazisonkun:20200831204051j:image

さらに、タタリは続く。

今回、僕がシューズとして選んだのは、VANSのスリッポン。

これが失敗。笑

つるんつるん滑りまくり。

特に怖いのが、下り。

慎重に足を下ろすが、つるんっ。

 

(ちゃんとトレッキング用のシューズ買えばよかったー!とこの旅で、1000回くらい思いました。)

 

 雨上がりで感動的な自然美を堪能

激しかった雨も止んできて、辺りが明るくなる。

f:id:mazisonkun:20200831204253j:image

途中来た道を振り返るとこの景色。

神秘的で感動。

 

f:id:mazisonkun:20200831204335j:image
f:id:mazisonkun:20200831204325j:image
f:id:mazisonkun:20200831204344j:image

木々の緑も輝きをまして、より活きいきしている。

これが熊野の自然美か。

本日のゴールまで残り1km

f:id:mazisonkun:20200831204356j:image

感動しながら歩き、今日のゴール地、近露王子まで残り1.1km。

そして、途中、牛馬童子像に立ち寄ります。

 

f:id:mazisonkun:20200831204524j:image
f:id:mazisonkun:20200831204506j:image

見つけたときは、お気に入りのアイドルに会ったかのように、走って近より写真をパシャパシャ笑。

牛と馬にまたがる変わったお地蔵様。

小柄で可愛らしい。

中辺路のシンボル的存在。

 

旅の疲れを癒してくれる宿と街「近露」

そして、本日の目的地、近露到着。

お宿は、「櫻の園」。

f:id:mazisonkun:20200831204702j:image
f:id:mazisonkun:20200831204710j:image
f:id:mazisonkun:20200831204724j:image
f:id:mazisonkun:20200831204717j:image

宿泊中、オーナー夫妻がこれでもかというくらいおもてなしをしてくださいました。

お部屋はご覧の通り。

1人で泊まるには充分すぎる。

 

宿泊地周辺の近露の雰囲気も好きだなぁ。

f:id:mazisonkun:20200831205031j:image
f:id:mazisonkun:20200831205043j:image
f:id:mazisonkun:20200831205035j:image

霧が覆われ、幻想的な雰囲気。

ようやく着いた安堵感で、景色を堪能する。

 

宿に帰り、夕食。豪華すぎる!!

f:id:mazisonkun:20200831205242j:image
f:id:mazisonkun:20200831205224j:image

一点一点が美味しすぎます。

(全てオーナーご夫妻の手作り!すごい!)

モツ鍋。ラーメン入り。

 

明日に備える

たらふくご飯をいただき、疲れすぎていたのか、21時前には寝落ちしていた。

あっという間に1日目が終わる。

明日は、本宮大社に着いてるかな。

一歩一歩歩みを進めるだけ。

 

 

mazison.info

 

 

mazison.info