忙しいあなたの味方!時短で栄養豊富な冷凍ブロッコリーがおすすめな理由

f:id:mazisonkun:20201115163101p:image

「最近、野菜をとれていないな」

「野菜は食べたいけど、切ったり、茹でたり、皮をむいたりするのが面倒」

「忙しく時間がないから、簡単に調理できる野菜はないかな」

 

そんな方におすすめなのが「冷凍ブロッコリー。僕も最近買い始め、効率的に栄養を取れる冷凍ブロッコリーの良さを実感しています。

 

この記事では、冷凍ブロッコリーのメリットや栄養素など書いていますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

f:id:mazisonkun:20201115163150j:image

冷凍ブロッコリーがおすすめな理由

冷凍ブロッコリーはカット不要。そのままぶち込んでOK

冷凍ブロッコリーは、一度茹でられたブロッコリーを急速に冷凍処理しています。そのため調理時は、そのままフライパンにぶち込むだけでOK

しかもすでに小房に分かれているで、カットする必要なし。包丁いらずです。

切ったり、茹でたりする必要がないので、かなりの時短になります。

 

冷凍ブロッコリーは腐る心配がない

市販のブロッコリーは一人で使うには量が多く、つい腐らせてしまうことも。しかし冷凍ブロッコリーにはそんな心配はご無用。確かに冷凍ブロッコリーにも賞味期限はありますが、2年くらい余裕でもつので安心。

 

ブロッコリーは「野菜の王様」

そもそもブロッコリーは栄養価が高い野菜です。ビタミンCにたんぱく質など栄養素を豊富に含んでいることから「野菜の王様」と呼ばれています。

ビタミンCがレモンよりも豊富

実は、ブロッコリーに含まれるビタミンCはレモンよりも豊富。ビタミンCは免疫力をアップさせ、風邪予防に効果があります。

 

トレーニーに嬉しい、たんぱく質を豊富に含む野菜

ブロッコリーには、100gあたり約4.3g(茹でると約3.5g)のたんぱく質が含まれています。

日本食品標準成分表より

たんぱく質の豊富さは野菜の中でトップレベル。たんぱく質は筋肉を作るのに大切な栄養素なので、(僕を含め)筋トレをする方にはかなり嬉しい。

 

冷凍ブロッコリーの栄養素は生の野菜と同程度

冷凍によって栄養が損なわれるのでは?と思われるかもしれませんが、実は冷凍野菜の栄養素は、生の野菜と同程度です。

主な理由は以下の2点。

特殊な加熱処理を行っているため

熱湯や蒸気で短時間下茹でするブランチングという特殊な加熱処理を行っているため栄養を逃がさない。

栄養価の高い旬の時期のものを冷凍しているため

旬の時期の野菜が一番おいしく栄養価が高い。その時期の野菜を冷凍保存しているため、栄養が維持されている。

 

冷凍ブロッコリーコスパが最強

生のブロッコリーは大体150円~300円程度。一方、冷凍ブロッコリーは、150円程度で手に入ります。

しかも生のブロッコリーには茎や葉など食べられない部分もあるので、その部分を除くと1グラムあたりの価格では冷凍ブロッコリーの方が圧倒的にコスパがいい。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。冷凍ブロッコリーは、調理が簡単しかも栄養が生の野菜と同程度など、安い上に効率よく栄養を摂取できます。

 

忙しく普段野菜を食べられない方や野菜の調理が面倒で敬遠していた方には、冷凍ブロッコリーが超おすすめです。ぜひ一度試してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。